• 印刷する

EU、共通農業政策改革で基本合意

欧州連合(EU)の農業・漁業理事会は21日、加盟27カ国が共通農業政策(CAP)の改革を巡る基本方針で合意したと発表した。気候変動への対応や環境保護に向け、農家への補助金に対する条件を厳格化する。

理事会は20~21日に会合を開き、CAPの改革案について協議。農家は、気候変動や環境に配慮した手法を採用する条件下で経済支援を受けることが可能で、基本条件を上回って環境に有益な場合は、追加で補助を受けられる。小規模農家を含む全ての農家に対しより厳しい環境基準が課されるため、小規模農家の手続きなどは簡素化し、負担を軽減する見込み。

ドイツのクレックナー食料・農業相は今回の合意について、欧州の農業政策における重要な試金石と評価し、「よりグリーンで公正、簡潔なCAP」の達成を実現するものだと述べている。

CAPの向こう7年間の予算はおよそ3,870億ユーロで、EU予算で最も大きな割合を占める。欧州議会もCAP改革案の審議を進めており、週内にも採決される見通し。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エネル、太陽光パネル工場拡張=中国に対抗(12/06)

独、ガス供給巡りトラフィギュラに融資保証(12/06)

露産原油に価格上限を導入 EUとG7・豪が足並み=露反発(12/06)

欧州委、再生可能水素の規則案を公表へ(12/06)

11月は上昇も分岐点割れ ユーロ圏総合PMI=確定値(12/06)

ユーロ圏小売売上高、10月は1.8%減少(12/06)

<編集長's View>中・東欧IT人材獲得、社内公用語の英語化が鍵(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン