• 印刷する

アイルランド、全国的封鎖を再導入=欧州初

アイルランド政府は19日、新型コロナウイルスの再流行を受け、全国的なロックダウン(都市封鎖)を再導入すると発表した。21日午前0時から発効し、6週間続く。各国政府が経済への影響を懸念し、地域限定の封じ込め策で対応する中、全国封鎖を再導入するのは欧州では初めて。

政府は、可能な限り在宅勤務に切り替えるなどして、自宅にとどまるよう国民に求めている。世帯間交流は公園などで他の1世帯と会うことが認められるが、屋内や自宅の庭などでの交流は禁止。ただし、介護などの場合は除外される。単身者や片親世帯は、他の世帯と「サポート・バブル」を組み、行き来することができる。

飲食店は持ち帰りでの販売のみ可能。スポーツジムやプールは閉鎖され、小売店は食料品など生活に不可欠な商品を扱う店舗以外は営業を停止する。工場の大半は操業を続けることができる。学校も閉鎖しない。

マーティン首相はテレビ演説で「この措置が多くの人に失望や寂しさをもたらすことは理解している」と語り、「皆が協力すれば有意義なクリスマスを迎えることができる」として規制順守を呼び掛けた。

アイルランドでは19日午後6時の時点で、新たに1,031人が感染し、累計感染者数は5万993人に達した。死者数は累計で1,852人に上っている。


関連国・地域: アイルランド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トタルエナジーズ、浮体式風力発電で合弁(10/15)

アイルランド、最低法人税率15%支持に転換(10/11)

競争当局、フライト返金巡る調査打ち切り(10/08)

アイルランド、住宅などに過去最大の投資へ(10/06)

アイルランド、今冬も電力不足の危機(10/01)

アイルランド銀、報酬上限規制でCFO退職(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン