• 印刷する

アウディ、中国第一汽車とEV合弁設立へ

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車部門アウディは13日、中国第一汽車(FAW)と電気自動車(EV)生産の合弁会社を設立することで覚書を締結したと発表した。中国での足場を強化する狙い。

新合弁では、VWの高級スポーツカー部門ポルシェと共同開発した電動車両向けアーキテクチャー「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(PPE)」を採用する。2024年から中国市場向けにアウディの完全EVモデルの生産を開始する計画。なお、ポルシェ車両の生産予定はないとしている。

アウディはかねて、25年までに中国における販売車両のうち3分の1をEVとする目標を掲げており、これまでにもFAWと電動スポーツタイプ多目的車(SUV)「Q2Lイートロン(e-tron)」やセダン「A6」のプラグインハイブリッド版などを生産している。

アウディはまた、中国の自動車大手・上海汽車(SAIC)とも車両生産で協業することを検討している。[M&A]


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、今年のGDP見通し引き上げへ(10/27)

VW、スロバキア工場でシュコダ車組み立て(10/27)

バイエルン州、新たに一部で封鎖措置導入(10/27)

バイエル、遺伝子治療の米社買収で合意(10/27)

Ifo企業景況感、10月は悪化(10/27)

企業ソフトのSAP、第3四半期は31%増益(10/27)

ブラックストーン、独東部に電池セル工場(10/27)

VW、印での年産能力を20万台に(10/27)

ベルリンで600人が屋外集会=警察が出動(10/27)

独とシンガポール、出張での入国に特別措置(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン