ナゴルノ・カラバフ、停戦合意後に再び爆発

アゼルバイジャンの山間部に位置するナゴルノ・カラバフ自治州の州都ステパナケルト(Stepanakert)で10日夜、新たな爆発が発生した。旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアはこの日、同州の帰属を巡る軍事衝突で停戦に合意し、停戦が発効されたばかりだった。フランス通信(AFP…

関連国・地域: ロシアアルメニアアゼルバイジャン
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アドリア海横断ガス導管、商業運用を開始(11/18)

アルメニアで停戦合意への抗議デモ(11/13)

アゼルバイジャンとアルメニアが停戦合意(11/11)

アゼルバイジャン、ナゴルノ戦略都市を制圧(11/10)

露大統領、ナゴルノ・カラバフ紛争巡り会談(11/04)

バイカル、無人機に国産エンジン採用へ(11/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン