• 印刷する

BA、クルーズCEOが辞任 新型コロナ危機で業界逆風の中

欧州の航空大手インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は12日、傘下である英国の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のアレックス・クルーズ会長兼最高経営責任者(CEO)が辞任すると発表した。クルーズ氏はBAを4年半にわたって率いてきたが、新型コロナウイルス流行で航空業界の経営状況が揺らぎ、リーダーシップが一段と求められる中での突然の辞任となった。

クルーズ氏は2016年に会長兼CEOに就任。コスト削減を推し進め、台頭する格安航空各社に対抗する手腕が問われた。今後は、引き継ぎのため非常勤会長を務める。

今回の決定は、新型コロナウイルス危機に対応するためのIAGによる経営陣刷新の一環で、後任には同社傘下のアイルランドのエアリンガスで会長兼CEOを務めるショーン・ドイル氏が即日付で就く。

エアリンガスの新CEOには総務部門のトップを務めるドナル・モリアーティ氏が暫定的に就く。正式な指名は追って発表される見通し。

新型コロナのパンデミック(世界的流行)により、航空業界は大打撃を受けている。こうした中、BAは全従業員の3分の1に当たる1万3,000人の整理を進めている。また、IAGは9月、今年の輸送能力が前年比63%減少するとして、従来予想の59%減から下方修正。来年は、19年比で27%落ち込むとみる。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

SOBI、アドベントとGICが買収案撤回(12/07)

英、入国前検査を再び義務化 オミクロン株流行で全渡航者対象(12/07)

ベラルーシ、制裁発動国からの輸入を制限(12/07)

英新車登録台数、11月は1.7%増加(12/07)

英、薬物対策を強化=犯罪組織2千件摘発へ(12/07)

セルフリッジ、タイ流通大手が買収で合意か(12/07)

トラック運転手不足に改善の兆し=業界団体(12/07)

シェル、北海のカンボ油田開発から撤退(12/06)

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン