• 印刷する

BA、クルーズCEOが辞任 新型コロナ危機で業界逆風の中

欧州の航空大手インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は12日、傘下である英国の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のアレックス・クルーズ会長兼最高経営責任者(CEO)が辞任すると発表した。クルーズ氏はBAを4年半にわたって率いてきたが、新型コロナウイルス流行で航空業界の経営状況が揺らぎ、リーダーシップが一段と求められる中での突然の辞任となった。

クルーズ氏は2016年に会長兼CEOに就任。コスト削減を推し進め、台頭する格安航空各社に対抗する手腕が問われた。今後は、引き継ぎのため非常勤会長を務める。

今回の決定は、新型コロナウイルス危機に対応するためのIAGによる経営陣刷新の一環で、後任には同社傘下のアイルランドのエアリンガスで会長兼CEOを務めるショーン・ドイル氏が即日付で就く。

エアリンガスの新CEOには総務部門のトップを務めるドナル・モリアーティ氏が暫定的に就く。正式な指名は追って発表される見通し。

新型コロナのパンデミック(世界的流行)により、航空業界は大打撃を受けている。こうした中、BAは全従業員の3分の1に当たる1万3,000人の整理を進めている。また、IAGは9月、今年の輸送能力が前年比63%減少するとして、従来予想の59%減から下方修正。来年は、19年比で27%落ち込むとみる。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

英政治への信頼、過去最低 コロナ以降の混乱原因=世論調査(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

「AIのリスク」熱論、スタートアップ祭典(06/14)

通信BT、メキシコ実業家が少数株取得(06/14)

べスタス、スコットランドに製造拠点設置へ(06/14)

スタートアップ5千社が結集 英でイベント=AIリスクに注目(06/13)

鉱工業生産、4月は0.9%減少(06/13)

ディアジオ、ナイジェリア子会社を売却(06/13)

建設業生産、4月は1.4%減少(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン