テスコ、上半期は16%減益=金融部門が不振

スーパー英国最大手テスコは7日、上半期(8月29日までの26週間)の営業利益(特別損益除く)が10億3,700万ポンドとなり、前年同期比15.8%減少したと発表した。主力の小売部門が伸びたものの、金融部門で赤字を計上したことなどが響いた。 売上高(ガソリン・VAT除く)は6.8…

関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英政府、自主隔離日数を7~10日間に短縮も(10/27)

ロイズ銀、少なくとも来春まで在宅勤務に(10/27)

コカ・コーラ瓶詰めCCEP、豪社買収へ(10/27)

英国行きタンカーに密航者、英軍が7人拘束(10/27)

英国とEU、ロンドンでの協議期間を延長(10/27)

日英、経済連携協定を締結 来年1月に発効の見通し(10/26)

仏、英領海の漁業権で譲歩も 関係者に割り当て縮小を警告(10/26)

金融バークレイズ、第3四半期は黒字復帰(10/26)

小売売上高、9月は1.5%増加(10/26)

金融カルロック、インドの航空会社買収へ(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン