コンチネンタル、事業再編で最大3万人整理

ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは9月30日、2029年までの事業再編プログラムの一環で、監査役会が国内3拠点の再編と、照明機器大手オスラム(Osram)との合弁事業解消を承認したと発表した。これにより、同プログラム内の国内外拠点を巡る決定事項全てで判断が下さ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

独とシンガポール、出張での入国に特別措置(10/26)

ダイムラー、第3四半期は14%増益(10/26)

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

アディダス、リーボックを売却か(10/23)

ドイツ銀の技術部門、印ITタタが取得も(10/23)

独消費者信頼感、11月は悪化(10/23)

ドイツ、日用品の買いだめが再び増加(10/23)

ベルリンの博物館でスプレーのいたずら(10/23)

ウーバー、フリーナウ取得に10億ユーロ超か(10/22)

南部バイエルン州、一部で14日間の封鎖措置(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン