独、通信機器企業のガバナンス監督強化へ

独政府は、国内の第5世代(5G)移動通信網構築に参加する通信機器メーカーのガバナンス(企業統治)や技術に対する監督を強化する方針のようだ。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)からの機器調達を直接的に禁止することなしに、同社の参画を制限する狙いとみられる…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

バッテンフォール、風力トップが独鉄鋼社へ(10/20)

独農相、消費者に買いだめ自粛を要請(10/20)

商用車トラトン、米ナビスター買収で合意(10/20)

アウディ、タイでEVの新モデル発売(10/20)

ベンツ台湾、新車投入で販売1万台目指す(10/20)

BMW、オランダのVDL工場で生産停止へ(10/19)

メルセデス、空港で自動駐車の実証実験(10/19)

米テスラ、独ギガファクトリーで水供給停止(10/19)

鉄鋼リバティ、独ティッセンに買収提案(10/19)

メルセデス、エジプトで組み立て再開か(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン