露、エジプトにワクチン2500万回分供給へ

ロシア直接投資基金(RDIF)は9月30日、ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」2,500万回分をエジプトに供給すると発表した。地場の医薬品大手ファルコ(Pharco)と提携することで合意しており、これによりエジプトの人口のおよそ25%にワクチン投与…

関連国・地域: ロシアアフリカ
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア鉱工業生産、9月は5%減少(10/20)

香港、フランスなどを高感染リスク国に(10/20)

ブルガリア、原子炉建設で米企業と協議へ(10/19)

ザルベジネフチの越合弁、産出目標を達成(10/19)

EU、毒物使用疑惑巡り対露制裁を発動(10/19)

ロシア、2種目の新型コロナワクチンを承認(10/16)

エニとルクオイル、コンゴと探査巡り協議(10/16)

ロシアの対独ガス輸出量が倍増=欧州最大(10/15)

ロシアの原油汚染問題、仏トタルと和解(10/14)

ロシアのインフレ率、9月は3.7%に加速(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン