エリクソンとテリア、自動運転バスをテスト

スウェーデンの通信機器大手エリクソンとスウェーデン・フィンランド資本の通信大手テリア・カンパニーは、ストックホルムで第5世代(5G)移動通信機能を備えた自動運転の電気ミニバスの試験運行を開始した。 5G周波数帯域の入札を11月に控え、新たな事業分野を模索する狙い…

関連国・地域: スウェーデンフィンランド
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

通信シンチ、ソフトバンクが株式10%取得(12/02)

オートリブ、ルーマニアなどに生産移管へ(11/27)

家具イケア、インドの出店計画に遅れ(11/26)

不動産エントラ、同業SBBの買収提案拒否(11/26)

トラックのスカニア、中国で車両生産へ(11/25)

エリクソン、UAE社と5G網拡充で契約(11/25)

イケア、フィリピン1号店準備=500人雇用(11/24)

ABB、3事業の売却・分社化などを検討(11/20)

エリクソンのCEO、政府の華為除外を批判(11/19)

ボルボ、中国サプライヤーが生産拠点設置へ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン