仏シャルリー・エブド旧本社近くで刺傷事件

パリの仏週刊紙シャルリー・エブドの旧本社近くで25日午前、2人が刃物で刺され、重傷を負った。警察は容疑者2人を拘束し、テロ事件として捜査を進めている。警察の発表を元に、BBC電子版などが伝えた。 警察は、容疑者の1人をバスティーユ広場付近で拘束。当時、血のついた…

関連国・地域: フランス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

失業者数、9月は1.5万人減少(10/28)

欧州委、仏イリアドのプレイ買収計画を承認(10/28)

EFW、貨物機への改造拠点を追加へ(10/28)

仏新規感染者、5万人超える 累計113万人突破で世界5位(10/27)

仏、中東諸国に不買運動やめるよう呼び掛け(10/27)

畜産タイフーズ、仏企業と種豚場の合弁会社(10/27)

仏、英領海の漁業権で譲歩も 関係者に割り当て縮小を警告(10/26)

自動車ルノー、第3四半期は8.2%減収(10/26)

ルノーとフィアット、バンの生産提携を解消(10/26)

製造業景況感、10月はやや低下(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン