BASF、中国・南京拠点でNPGを増産

ドイツの化学大手BASFと中国石油大手の中国石油最大手の中国石油化工集団(シノペック)は、両社が折半出資する合弁会社の揚子石化BASFが、江蘇省南京市の工場でネオペンチルグリコール(NPG)の生産能力を増強したと発表した。2015年から年産4万トン規模でNPGを生…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

独首相、飲食店の閉鎖を検討 各州に全国的な制限措置を提案へ(10/28)

ダイムラー、米ウェイモとトラックで提携(10/28)

フランクフルトで水素列車の燃料拠点着工(10/28)

EFW、貨物機への改造拠点を追加へ(10/28)

素材開発コベストロ、第3四半期は22%増益(10/28)

BMW、中国・アリババとデジタル化で提携(10/28)

独政府、今年のGDP見通し引き上げへ(10/27)

VW、スロバキア工場でシュコダ車組み立て(10/27)

バイエルン州、新たに一部で封鎖措置導入(10/27)

バイエル、遺伝子治療の米社買収で合意(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン