• 印刷する

トラトン、自動運転トゥーシンプルと提携

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は23日、商用車部門トラトン(Traton)・グループがトラックの自動運転技術を手掛ける米国のスタートアップ企業トゥーシンプル(TuSimple)とグローバルパートナーシップを締結することで合意したと発表した。この一環として、トラトンはトゥーシンプルの少数株を取得した。

世界的な自動車メーカーと、米国の自動車技術者協会(SAE)の定める「レベル4」(高度自動運転)の自動運転技術を持つ企業が提携するのは欧州では初めて。両社は既に、スウェーデン・ストックホルム近郊のセーデルテリエ(Sodertalje)と南部ヨンショーピング(Jonkoping)を結ぶルート走行で、VW傘下のトラック大手スカニア(スウェーデン)の車両を使ってレベル4技術の開発プログラムに着手している。

トゥーシンプルは2015年の設立。カリフォルニア州サンディエゴに本拠を置き、アリゾナ州や北京、上海にも拠点を構える。長距離・大型トラックに特化した自動運転技術の開発を手掛けている。

なお、VWによる株式取得額は明らかにされていない。[M&A]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

独、ガス供給巡りトラフィギュラに融資保証(12/06)

VW、新ソフト戦略を監査役会に提示へ(12/06)

独リリウム、英市場に参入=現地社と提携(12/06)

BMW、銅採掘技術の米ジェッティに出資(12/06)

BMW、航続距離3割増しの次世代セル開発(12/06)

VW傘下のカリアド、パラゴンの子会社買収(12/06)

独の移民流入、今年は120万人で記録更新も(12/06)

独経済省、中国への貿易依存脱却を提案(12/05)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

VW、北米初の電池工場はカナダが最有力(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン