ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書

世界の大手銀行のマネーロンダリング(資金洗浄)への関与を暴いた「フィンセン文書」の流出を受け、ドイツの金融最大手ドイツ銀行の株価が21日、急落した。ドイツ取引所の電子取引システム「XETRA(クセトラ)」では8.8%下落。フランクフルト証券取引所とニューヨーク証券取…

関連国・地域: 英国ドイツデンマーク米国
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独とシンガポール、出張での入国に特別措置(10/26)

ダイムラー、第3四半期は14%増益(10/26)

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

アディダス、リーボックを売却か(10/23)

ドイツ銀の技術部門、印ITタタが取得も(10/23)

独消費者信頼感、11月は悪化(10/23)

ドイツ、日用品の買いだめが再び増加(10/23)

ベルリンの博物館でスプレーのいたずら(10/23)

ウーバー、フリーナウ取得に10億ユーロ超か(10/22)

南部バイエルン州、一部で14日間の封鎖措置(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン