ラファージュホルシム、排出量を2割削減へ

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)は21日、2030年までに二酸化炭素(CO2)排出量を20%削減することを公約した。同社は併せて、炭素排出量が実質ゼロのセメント生産施設の30年完工を目指す方針。 同社はセメント系材料の生産量1トン当たりの温室効果ガス…

関連国・地域: スイス
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

スイス時計の対香港輸出、9月は16%減(10/23)

スイス金融UBS、第3四半期は99%増益(10/21)

MET、東部カバの太陽光発電所が稼働(10/20)

日立ABB、英仏海峡の送電線で通電試験(10/20)

食品ネスレ、北米の飲料水事業売却に着手か(10/19)

リバティ、通信サンライズのTOBに成功(10/15)

日立ABB、インドで製油所の変電設備受注(10/14)

ネスレ、ハンガリーのペットフード工場拡張(10/13)

現代自、新FCトラック7台をスイスに納入(10/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン