ギリシャ、難民キャンプの9千人が施設移動

大規模火災により1万2,000人超が行き場を失っていたギリシャ東部レスボス島のモリア難民キャンプで、19日までに移民ら約9,000人が新たな臨時施設へと移動した。火災発生からは既に10日以上が経過していた。ロイター通信などが伝えた。 臨時施設は、レスボス島の県都ミティリーニ…

関連国・地域: ドイツギリシャ
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、EU・トルコ関税同盟停止を要求(10/22)

独政府、地方自治体の移民追加受け入れ阻止(10/22)

ギリシャ、トルコ国境でフェンス設置を開始(10/19)

トルコの資源探査船、東地中海で活動再開(10/15)

マイクロソフト、ギリシャにデータ拠点新設(10/13)

極右「黄金の夜明け」、幹部7人に有罪判決(10/09)

北キプロス、侵攻後閉鎖のビーチを再開放(10/08)

EU首脳会議、トルコ東地中海問題など協議(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン