ロシアのワクチン、治験者の14%に副作用

ロシアのムラシコ保健相は15日、ロシアで開発された新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の治験者の14%に、副作用が見られたと明らかにした。現地紙イズベスチヤなどが伝えた。 ムラシコ保健相によると、同ワクチンの第3相臨床試験にはこれまで300人以上のボランティア…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア初の量産EV、来年にも市場投入(11/27)

欧州医薬品庁、露のワクチン開発元と協議か(11/27)

ヤンデックス、イスラエルで食品宅配開始へ(11/26)

ロシア製ワクチン、価格は1人20ドル以下(11/26)

露フリゲートに初の国産パワーユニット(11/26)

米グーグル、ロシアで行政手続き(11/25)

ロシア、対ベトナム輸出が増加=石炭は低迷(11/25)

【中村航の西方見聞録】モスクワで巨大銀行がアマゾン化 意外な金融最先端都市?(11/24)

ロシア、道路建設に3年で1兆ルーブル調達(11/24)

露政府、外国エージェントへの締め付け強化(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン