• 印刷する

自動車業界団体が危機感表明 英・EUに貿易協定妥結を要求

欧州自動車工業会(ACEA)は14日、英国や欧州連合(EU)加盟各国の自動車工業会と連名で、英・EU間の自由貿易協定(FTA)交渉を早急に妥結するよう要求する声明を発表した。英国のEU離脱後の移行期間が終了する12月31日までに合意がまとまらなければ、欧州自動車産業は2025年までにおよそ1,100億ユーロの損失を被ると訴えている。

声明によると、英・EU間で合意がまとまらず、世界貿易機関(WTO)のルールに基づき自家用車に10%、商用車に最大22%の関税率が適用された場合、EU域内および英国の自動車・商用車生産台数は向こう5年で計300万台減少する恐れがある。また、新型コロナウイルス危機により既に約1,000億ユーロ落ち込んでいる英・EU間の自動車取引高が、向こう5年でさらに最大1,100億ユーロ減ると予想している。

また、英国およびEU域内の自動車業界が抱える雇用は1,460万人と、英・EUの労働者人口の15人に1人に相当するが、合意がまとまらなければこれらの雇用が脅かされることになるとしている。

今回の声明にはACEAと欧州自動車部品工業会(CLEPA)に加え、英国の自動車製造取引業者協会(SMMT)、独自動車工業会(VDA)、仏自動車工業会(CCFA)など21カ国の業界団体が署名した。

ACEAのエリック・フイテマ事務局長は「英・EU間の野心的な貿易協定が実現しなければ、新型コロナ危機で既に打撃を受けている自動車産業が二重に打ちのめされることになる」と話している。[EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

国際組織、マルタを金融グレーリストに追加(06/25)

世界初の「炭素国境税」導入目指すEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第52回(06/25)

ガスプロム、欧州向け天然ガス供給を制限か(06/25)

EU、ロシアと首脳会議も 関係改善へ独仏が提案(06/25)

欧州銀行監督機構「気候リスクの考慮必要」(06/25)

欧州商用車登録台数、5月は66.1%増加(06/25)

ANA、成田―ブリュッセル路線など臨時便(06/25)

EUでの新規感染、デルタ株が9割に拡大も(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン