エアバス、フォーリCEOが強制解雇を示唆

欧州航空・防衛最大手エアバスのギヨム・フォーリ最高経営責任者(CEO)は、従業員に宛てた手紙で強制解雇の必要性を示唆したようだ。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に伴い航空業界が打撃を受ける中、同社は人員整理を進めているが、希望退職だけでは賄えない…

関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造運輸雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

オートリブ、ルーマニアなどに生産移管へ(11/27)

ルノー、フラン工場をリサイクル拠点に(11/27)

仏国務院、モスク閉鎖命令の撤回要求を棄却(11/27)

ユーロスター、英政府に支援要請(11/27)

仏消費者信頼感、11月は悪化(11/27)

ディズニーランド・パリ、2月まで閉園継続(11/27)

仏政府、封鎖措置の3段階緩和策を正式公表(11/26)

仏、デジタル税の徴収開始=米企業に通知書(11/26)

EU、モデルナのワクチン1.6億回分購入(11/26)

KLM、短距離飛行の代替に鉄道利用促進(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン