環境当局、軽油流出巡りノリリスクを提訴

ロシア連邦天然資源監督局(Rosprirodnadzor)は10日、シベリア北西部ノリリスク市の火力発電所から大量の軽油が河川に流出した事故を巡り、同発電所を保有するニッケル世界最大手の露ノリリスク・ニッケルを提訴したと発表した。環境に与えた損害の賠償金として約1,480億ルーブル…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ユーラシア経済フォーラム、伊北部で開催(10/23)

鉄鋼セベルスタリ、第3四半期は66%減益(10/23)

ロシアとイラン、米大統領選に介入も(10/23)

ロシアの失業率、9月は6.3%に改善(10/22)

韓国・暁星、ズベルバンクからATM受注(10/22)

仏大統領、露政府にテロ対策強化を要請(10/22)

ロシア鉱工業生産、9月は5%減少(10/20)

香港、フランスなどを高感染リスク国に(10/20)

ブルガリア、原子炉建設で米企業と協議へ(10/19)

ザルベジネフチの越合弁、産出目標を達成(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン