マジャールスズキ、1.5万台に販売減も

スズキのハンガリー子会社マジャールスズキは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)の影響で、今年の販売台数が1万5,000台程度に減少しそうだ。同社の販売責任者であるトート・ペーテル氏の話として、ハンガリー通信が8日伝えた。 同氏によると、マジャールスズキは…

関連国・地域: ハンガリーアジア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

独ティッセンクルップ、ハンガリーに新拠点(01/25)

鉄道貨物レールカーゴ、車両整備社を買収(01/25)

独マーレなど3社、ハンガリー拠点に投資(01/20)

タカレク銀、傘下行の全株式取得へ(01/19)

ハイネケン、ハンガリー北西部の拠点を拡張(01/14)

デンソーなど3社、ハンガリー拠点に投資(01/14)

ブダペスト空港、昨年の利用者数は76%減少(01/13)

ハンガリー鉱工業生産、11月は1.2%減(01/11)

リヒター・ゲデオン、避妊薬の販売権取得(01/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン