• 印刷する

イージージェット、夏季輸送計画を再び縮小

英国の格安航空大手イージージェットは8日、同国政府による自主隔離対象国の頻繁な変更を受け、今年第4四半期(7~9月)の旅客輸送能力を従来予定の40%以下にとどめると明らかにした。8月に従来の3割程度から4割以上に回復させる方針を示したばかりだった。

同社は8月、夏後半の予約状況が好調であるとして、9月末までのフライトを増便すると発表。しかし、新型コロナウイルスの再流行を受け、英政府が入国者に14日間の自主隔離を義務付ける国を次々と変更。これにより、当初の想定より夏季期間の需要が低下したという。

繰り返される自主隔離対象国の指定に、ヨハン・ラングレン最高経営責任者(CEO)は「予測ができない渡航制限と自主隔離規制に、顧客たちはわれわれと同じくらい失望しているはずだ」と不快感を示した。また、航空業界に対して1年間の航空旅客税免除など、特別な支援措置が必要だとも述べた。

英政府は7日、イングランドの入国時の自主隔離義務対象にギリシャの7島を追加。英国時間の9日午前4時から発効する。スコットランド自治政府もギリシャからの入国者に対し14日間の自主隔離を義務付けている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

イングランドの都市封鎖、感染抑制効果薄く(01/22)

ガラスのピルキントン、ポーランド工場拡張(01/22)

HSBC、英国内で管理職340人整理も(01/22)

車部品ヒューランド、印社が株式取得(01/22)

ファイザー製ワクチン、英変異種にも有効か(01/22)

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン