• 印刷する

イージージェット、夏季輸送計画を再び縮小

英国の格安航空大手イージージェットは8日、同国政府による自主隔離対象国の頻繁な変更を受け、今年第4四半期(7~9月)の旅客輸送能力を従来予定の40%以下にとどめると明らかにした。8月に従来の3割程度から4割以上に回復させる方針を示したばかりだった。

同社は8月、夏後半の予約状況が好調であるとして、9月末までのフライトを増便すると発表。しかし、新型コロナウイルスの再流行を受け、英政府が入国者に14日間の自主隔離を義務付ける国を次々と変更。これにより、当初の想定より夏季期間の需要が低下したという。

繰り返される自主隔離対象国の指定に、ヨハン・ラングレン最高経営責任者(CEO)は「予測ができない渡航制限と自主隔離規制に、顧客たちはわれわれと同じくらい失望しているはずだ」と不快感を示した。また、航空業界に対して1年間の航空旅客税免除など、特別な支援措置が必要だとも述べた。

英政府は7日、イングランドの入国時の自主隔離義務対象にギリシャの7島を追加。英国時間の9日午前4時から発効する。スコットランド自治政府もギリシャからの入国者に対し14日間の自主隔離を義務付けている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

英領北アで親英派の暴動激化 対立派のコロナ規制違反が原因に(04/09)

建設業PMI、3月は過去6年半で最高(04/09)

資源アングロ、南アの燃料炭部門を分離へ(04/09)

英国製ワクチン、豪政府が接種方針巡り協議(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

英外相、インドネシア訪問で協力確認(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

台湾、4月末にも英製ワクチンの自費接種へ(04/09)

東芝に英CVCが買収提案 提示額200億ドル、非公開化の方針(04/08)

英製ワクチン、30歳未満の接種推奨せず(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン