ナワリヌイ氏に神経剤使用、独政府が断定

ドイツ政府は2日、ロシアの反政府勢力の指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏がモスクワに向かう機内で意識不明の重体となった事件を巡り、神経剤「ノビチョク」が使用されたと断定した。 政府は専門家による毒物検査を基に、ナワリヌイ氏が毒を盛られた動かぬ証拠があると非難。メル…

関連国・地域: ドイツロシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア、道路建設に3年で1兆ルーブル調達(11/24)

【中村航の西方見聞録】モスクワで巨大銀行がアマゾン化 意外な金融最先端都市?(11/24)

露政府、外国エージェントへの締め付け強化(11/24)

アストラゼネカのワクチン、70%の有効性(11/24)

EU、ハンガリーの露製ワクチン使用に懸念(11/23)

ガスプロム、セルビアの製油所に新施設(11/20)

ロシア6機関、水素技術コンソーシアム結成(11/19)

ロシア製ワクチン、中国・印で生産開始へ(11/19)

ネット企業Mail.ru、クラウドゲーム市場参入(11/18)

露、スーダンに海軍拠点設置へ=アフリカ初(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン