セメント工場の汚染水、セーヌ川に流入

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)がパリ南東部ベルシー(Bercy)に保有しているセメント工場から排出された汚染水が、セーヌ川に流入していることが分かった。同社は排水が流出した事実を認めたが、意図的にセーヌ川に排出したとする疑惑は否定している。AF…

関連国・地域: フランススイス
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

夜間外出禁止令、違反件数が3千件超に(10/22)

仏大統領、露政府にテロ対策強化を要請(10/22)

アルストム、イラク政府と鉄道開発で契約(10/22)

仏政府、ブリヂストンに工場維持案を提示(10/21)

エアバスとイスラエル社、監視サービス受注(10/21)

日本無線、プライベートLTEシステム受注(10/21)

ナブヤ、仏中部で無人自動運転シャトル導入(10/21)

ダノン、経営体制とポートフォリオを見直し(10/20)

香港、フランスなどを高感染リスク国に(10/20)

パリで歴史教師の首切断される=テロ行為か(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン