• 印刷する

洗剤原料から化石燃料排除へ ユニリーバ、10億ユーロ投資

英国・オランダ資本の食品・家庭用品大手ユニリーバは2日、2030年までに掃除・洗濯洗剤の原料から化石燃料を排除する計画を発表した。炭素排出を削減するためで、10億ユーロを投資する。

ユニリーバは、原料に含まれる石油化学製品を植物や藻由来のものに切り替える。洗剤に含まれる石油化学製品のライフサイクルで排出される炭素は、ホームケア部門のカーボンフットプリントの46%を占める。植物由来原料に切り替えることで、これを最大20%削減できるとしている。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)で、洗剤需要がかつてないほど高まっている中、ユニリーバは「消費者は従来製品と同じ品質の持続可能な製品を求めている」と指摘する。10億ユーロを投じて、生分解可能で水の効率的利用に貢献する製品の研究開発(R&D)を進める方針だ。

ユニリーバは、39年までに生産から販売までの全過程で炭素排出をなくす「クリーンフューチャー」を目標に掲げる。今回の原料切り替えは、その達成に向けた取り組みの第1弾。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

イングランド全域で規制強化も 英政府、10月中の2週間を検討(09/21)

ユーロネクスト、ミラノ証取売却で独占協議(09/21)

英、スロベニアを自主隔離対象国に(09/21)

英政府、鉄道路線のさらなる国有化も(09/21)

小売売上高、8月は0.8%増加(09/21)

欧州委員長「英との貿易交渉妥結まだ可能」(09/21)

2ペンス硬貨など、10年間は製造計画なし(09/21)

イングランド北東部で新規制 世帯間交流や飲食店の営業制限(09/18)

英、店舗の立ち退き禁止措置を年末まで延長(09/18)

新規感染者数、8月下旬から2.5倍超に増加(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン