ポルトガル、課税で砂糖含有飲料の消費減

ポルトガルで砂糖含有量の多い飲料への「砂糖税」が導入されたことを受け、国民の40%がこうした飲料の消費量を減らしている――。ポルトガル・カトリック大学がこのほど公表した調査で、こうした結果が明らかになった。 同大学のポルトガル社会観測所は、2019年11~12月に995人を…

関連国・地域: ポルトガル
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポルトガル、企業の2割が人員削減を検討(09/16)

リスボンとポルト、職場復帰規制を強化(09/14)

英国、ポルトガルを再び自主隔離対象に指定(09/14)

英、ポルトガルを再び自主隔離対象に指定も(09/04)

英の隔離措置免除でポルトガルに観光客大挙(09/02)

ポルトガルの在留申請件数、過去5年で最多(08/26)

ポルトガル、課税で砂糖含有飲料の消費減(08/24)

英、クロアチアなど隔離対象に 免除国にはポルトガルが追加(08/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン