独の焼死体、VWのスパイ事件に関与か

ドイツ北部ニーダーザクセン州で10日に車両から焼死体で見つかった男性について、ブラウンシュワイク(Braunschweig)の検察は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の「スパイ事件」に関与している可能性があると指摘した。フィナンシャル・タイムズが13日伝えた。 この焼死…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独、米国産LNG輸入に10億ユーロ投資も(09/18)

スエズ、独シュワルツに一部資産を売却も(09/18)

ドイツ産業連盟、新たな排出削減目標に懸念(09/18)

ドイフォル、ハンガリー東部拠点が操業開始(09/18)

マーレ、世界全体で7600人整理へ=事業再編(09/18)

ドイツ取引所、米フィンテック社を買収へ(09/18)

デリバリー・ヒーロー、日本進出(09/18)

VW、レンタカーのシクスト株取得を計画か(09/18)

ノバルティス、独バイオ社が生産拠点取得へ(09/18)

ティッセンクルップ、中国にバイオプラ工場(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン