• 印刷する

ABNアムロ、800人整理へ 法人金融・投資銀部門を縮小

オランダの金融大手ABNアムロ・グループは12日、法人金融・投資銀行(CIB)部門の欧州以外での事業を停止すると発表した。大規模な事業再建策の一環で、800人が影響を受けることになる。

同行は向こう3~4年をかけて、非中核事業を縮小する計画。今後は、国内のエネルギー市場など大口取引が期待できる分野に注力する。こうした市場は「欧州グリーンディール」が追い風となり、融資ニーズが飛躍的に伸びると見込む。

■第2四半期は赤字転落

ABNアムロ・グループはこの日、第2四半期(4~6月)の純損失が500万ユーロとなり、前年同期の6億9,300万ユーロの黒字から赤字に転落したと発表した。CIB部門の不振が響いた。

業務粗利益は15%減の19億8,500万ユーロ。うち収入の柱となる資金運用収支は15億1,400万ユーロと10%減った。役務等取引収支は3億7,500万ユーロと9%減少している。業務純利益は7億8,600万ユーロと22%縮小した。

貸倒引当金は7億300万ユーロ。「バーゼル3」全面適用時の普通株等ティア1レシオ(自己資本比率)は6月末時点で17.3%と、3月末から横ばいだった。同行はこれを今年は17.5~18.5%とする目標を示している。株主資本利益率(ROE)はマイナス0.7%と、3カ月前から8ポイント上がった。[労務]


関連国・地域: オランダ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン食品販売Oda、2.2億ユーロを調達(04/09)

通信KPN、投資2社が買収提案か(04/09)

オプティバー、東南アジアに初拠点(04/09)

不二製油、オランダフードテック基金に出資(04/08)

ユニリーバ、インドネシアで増収増益狙う(04/08)

欧州委、仏政府のエールフランス支援承認(04/07)

連立各党、ルッテ新政権入りを拒否(04/06)

インマルサット、周波数変更でオランダ提訴(03/31)

KAZ、コンソーシアムが提示額を引き上げ(03/29)

フィリップス、家電事業を中国社に売却(03/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン