• 印刷する

世界感染者数が2千万人超え 新型コロナ、WHOは好転に期待

世界の新型コロナウイルスの累計感染者数が、2,000万人を突破した。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、11日午後4時半時点(協定世界時)で2,013万206人となり、死者数は73万7,394人に増加。新規感染者は4日間で約100万人のペースで増え続けている。各国で感染拡大への懸念が高まる中、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長はニュージーランドなどの成功例を挙げ、「状況の好転に遅すぎることなはい」と前向きな取り組みを呼び掛けている。

スペインでは10日、保健省発表の累計感染者数が前日から1,486人増え32万2,980人に拡大。英国の31万1,641人を抜き、再び西欧でトップとなった。英国の前日からの伸びは816人だった。スペインでは6月21日に非常事態宣言が解除されて以降、再び感染が広がっており、6月には1日当たり平均132人だった新規感染者数も、8月に入り1,500人近くに急増している。

各国当局の発表に基づくと、欧州で最も感染者数が多いのは依然としてロシアで、11日時点で前日から4,945人増えて89万7,599人となった。スペインと英国に次いで多いイタリアでは24時間で新たに412人の感染が確認され、計25万1,237人に増加。トルコは10日時点で1,193人増えて24万1,997人となった。

フランスは9日時点で1,885人伸び、20万1,990人。7日には新規感染者数が2,288人に上り、6月に封鎖措置が解除されて以降で最多となった。ドイツは8月11日時点で966人増えて21万7,293人だった。


関連国・地域: EU
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アリタリア航空再生計画の協議が近く山場(04/13)

<EU規制最前線>乗用車・小型商用車のCO2排出基準(04/13)

【欧州航空・鉄道論】ワクチンパスポートは開発競争のさなか 実用化に課題、使い勝手で淘汰も(04/13)

夏の旅行予約、76%減少=連邦観光産業協会(04/13)

欧州医薬品庁、血栓でJ&J製ワクチン調査(04/13)

EU、米国に報復関税の停止延長を提案(04/13)

ユーロ圏小売売上高、2月は3%増加(04/13)

イラン核合意当事国、米復帰に向け協議継続(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン