欧州ビール大手、南アで相次いで投資凍結

新型コロナウイルス対策としてアルコール飲料の販売禁止措置が続く南アフリカで、欧州のアルコール飲料大手による投資計画の棚上げが相次いでいる。2023年までに1,000億ドルの投資誘致を目指すラマポーザ大統領にとって、痛手となりそうだ。各社の発表を元に、ブルームバーグなどが…

関連国・地域: EUアフリカ
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、仏イリアドのプレイ買収計画を承認(10/28)

【欧州企業よもやま話】第317回:アナナス・アナム パイナップルでできた“革製品”(10/28)

WTO、EUの対米報復関税を正式承認(10/28)

西バルカン、来夏に国際ローミング料廃止(10/28)

EU、ナイジェリア候補支持 WTO事務局長選(10/28)

伊、飲食店の営業制限=スペインは外出禁止(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン