• 印刷する

フィットビット買収を調査へ 欧州委、グーグルの市場地位懸念

欧州委員会は4日、米インターネット検索エンジン大手グーグルによる健康データ管理用ウエアラブル端末を手掛ける米フィットビット(Fitbit)の買収計画について本格調査を開始すると発表した。グーグルがフィットビットの顧客の健康データを入手し、広告のパーソナル化に利用することにより、オンライン広告市場での地位をさらに強化する恐れがあるとしている。

グーグルの親会社アルファベットは2019年11月、フィットビットを21億ドルで買収することで合意した。フィットビットは09年に腕時計タイプの端末の販売を開始。これまでに1億個以上を販売し、アクティブユーザー数は3,000万人に上る。

欧州委は、グーグルがフィットビットのデータを広告事業に利用することに加え、両社の統合が欧州のデジタル・ヘルスケア産業に及ぼす影響や、グーグルが他社のウエアラブル端末による自社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」の利用を妨げる可能性にも懸念を示している。

グーグルは、調査に協力する姿勢を示している。欧州委は12月9日までに本格調査を完了する予定。[M&A]


関連国・地域: EU米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン普及の遅れが影落とす経済回復の道 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第25回(03/05)

米、ウクライナ問題巡る対露制裁を1年延長(03/05)

英政府、通関検査免除を延長 英・北ア間、EUは強く批判(03/05)

オランダのインフラ省、排ガス不正を告発(03/05)

ユーロ圏失業率、1月は横ばいの8.1%(03/05)

ユーロ圏小売売上高、1月は5.9%減少(03/05)

米・EU、ナワリヌイ氏問題で対露制裁発動(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン