独米2社、ワクチンを日本に1.2億回分供給

独バイオ医薬品会社ビオンテック(BioNTech)と米製薬大手ファイザーは7月31日、共同開発中の新型コロナウイルスワクチンを1億2,000万回分供給することで日本政府と合意したと発表した。 供給するのは、両社が第2・3相試験を進めているワクチンの有力候補「BNT162b2」で、…

関連国・地域: 英国ドイツアジア米国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

独政府、封鎖措置の延長検討 週内の協議で最終方針決定(11/24)

ドイツ、12月にもワクチン接種を開始(11/24)

アストラゼネカのワクチン、70%の有効性(11/24)

シーメンスとドイツ鉄道、水素列車を開発へ(11/24)

BASF、バッテリー材料工場で起工式(11/24)

独電力RWE、英風力発電施設の権益売却(11/24)

11月は分岐点割れ ユーロ圏PMI速報値(11/24)

EU、年内にワクチン承認も 臨床試験で有効性90%以上の2種(11/23)

ダイムラーと吉利、HV向けエンジンで協業(11/23)

生産者物価、10月は0.7%低下(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン