石油トタル、第2四半期は96%減益

仏石油メジャーのトタルは30日、第2四半期(4~6月)の純利益(在庫評価変動の影響と特別要因除く)が1億2,600万ドルとなり、前年同期比96%減少したと発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に伴う経済への影響や石油価格の急落が響いたが、赤字を計上する…

関連国・地域: フランス
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エールフランスKLM、9億ユーロ増資へ(04/14)

サノフィ、シンガポールにワクチン工場建設(04/14)

仏トタルと独シーメンス、低炭素化で技術提携(04/14)

ヴェオリアとスエズ、合併で基本合意(04/13)

仏下院、短距離国内線の禁止法案を可決(04/13)

エアバス、3月は機体納入数が大幅増(04/13)

トタル、アフリカで石油パイプライン敷設へ(04/13)

マクロン大統領、エリート養成校を廃止へ(04/12)

仏製造業生産、2月は4.6%減少(04/12)

FMロジスティック、インドで倉庫整備へ(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン