• 印刷する

英、6千万回分のワクチン確保 GSK・サノフィと事前購入契約

英政府は29日、仏製薬大手サノフィと英同業グラクソ・スミスクライン(GSK)が共同開発する新型コロナウイルスのワクチン6,000万回分の事前購入契約を結んだと発表した。取引額は明らかにされていない。英国は既にオックスフォード大学と英製薬大手アストラゼネカが共同で開発するワクチンなども確保しており、事前購入契約はこれで4件目となる。

英国は、今回の契約を含めて計2億5,000万回分のワクチンを確保したことになる。同国は5月、オックスフォード大とアストラゼネカのワクチン1億回分の供給を確保。その後、米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品会社ビオンテック(BioNTech)が開発を進めるワクチンを3,000万回分と、仏バイオ医薬品会社バルネバ(Valneva)のワクチン6,000万回分も確保していた。

シャーマ民間企業・エネルギー・産業戦略相は「英国の研究者は安全で効果的なワクチンの開発に空前の規模とスピードで取り組んでいるものの、成果は保証されていないのが現実」と指摘。「多様なワクチン候補への事前アクセスを確保することで、効果のあるワクチンを見出す可能性を高め、国民の命を守ることが重要」と話している。

サノフィは2種類のワクチン開発を進めており、うち今回の契約の対象となるのは、GSKのアジュバント(抗原性補強剤)技術を用いたもの。両社は9月に第1・2相臨床試験を開始し、年内には第3相臨床試験にこぎつけ、来年6月末までの承認獲得を目指している。両社のワクチンの年産能力は10億回分に上る見通し。

サノフィの新型コロナウイルス・ワクチンを巡っては、開発資金を提供する米国に優先的に提供すると同社取締役が発言。これを問題視した仏政府が、国内の医薬品業界に2億ユーロの支援を約束したこと受け、同社は前言を撤回した経緯がある。こうした中、経済力のある先進国がワクチンを独占し、貧困国への供給が後回しになることも懸念されている。


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

接触追跡アプリを試験導入 イングランドの一部地域が対象(08/14)

スコットランド住民、53%が独立を支持(08/14)

鉄道各社、駅テナントの賃料引き下げ求める(08/14)

ナットウェスト、支店勤務550人を削減へ(08/14)

HSBC、ベトナムで社債発行=外銀で初(08/14)

スタンチャート銀、ベトナム社に再び融資(08/14)

独仏、新規感染者が過去3カ月で最多に(08/14)

風力と太陽光の発電量、世界発電量の10%弱(08/14)

ストックホルムとロンドン、抗体率は同等(08/14)

欧州各地で猛暑続く=オランダは記録更新(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン