• 印刷する

欧州中銀、停配延長を要請 新型コロナ対策でユーロ圏銀行に

欧州中央銀行(ECB)は28日、ユーロ圏の銀行に対して配当支払いと自社株買い戻しの停止を来年1月1日まで延長するよう要請した。ECBは3月、新型コロナウイルスの流行が経済に打撃を与える中で、銀行がこれに耐えて貸し出しを維持するため、10月1日までこうした株主還元を停止するよう求めていた。

ECBは、銀行に対してボーナスなど報酬の変動部分の決定でも厳しく節度を保つよう要求している。こうした勧告については、いずれも第4四半期(10~12月)に見直しを行う。一方、流動性バッファーの要件達成を来年末まで、資本要件の達成を2022年末までそれぞれ容認することも明らかにしている。

ECBでユーロ圏の銀行監督を担う監督委員会のアンドレア・エンリア委員長は今回の決定について、「銀行が資本と流動性バッファーを使って、引き続き重要な任務である貸し出しに集中し、健全な引き受け基準を維持することが何よりも重要になっている」と述べている。

なおECBは併せて、今年のユーロ圏の域内総生産(GDP)が現行の予想のように8.7%縮小すれば、域内の大手銀行86行の「バーゼル3」全面適用時の普通株等ティア1レシオ(自己資本比率)は平均で12.6%と、1.9ポイントの低下にとどまるとの見通しを示した。域内GDPが12.6%縮小する厳しいシナリオの場合では、5.7ポイント低下して8.8%になるものの、依然として資本不足は抑えられるとしている。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第77回 パンの価格は中東欧で低め(12/03)

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

仏、スイスへのスキー旅行を規制(12/03)

イタリアのワクチン接種、来年1月に開始も(12/03)

EU首席交渉官が妥協案説明 不利な条件受け入れは否定(12/03)

冬季コロナ対策戦略を公表 欧州委、検査やワクチン展開など(12/03)

ユーロ圏失業率、10月は8.4%に改善(12/03)

ユーロ圏生産者物価、10月は2%低下(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン