• 印刷する

英ワクチン治験で好結果 被験者全員に免疫反応

英製薬大手アストラゼネカは20日、オックスフォード大学と共同開発を進める新型コロナウイルスワクチン「AZD1222」の初期臨床試験で、好結果が得られたと発表した。2回の投与を受けた被験者全員に免疫反応が見られ、重篤な副作用もなかったとしている。

今回の治験は、第1・2相臨床試験を兼ねたもので、AZD1222の安全性と有効性の確認が目的。18~55歳の健康な英国在住者1,077人を対象に、ワクチンを1回または2回投与した。その結果、1回の投与を受けた被験者では投与後1カ月で91%に免疫反応が見られ、2回受けた被験者では投与後1カ月で100%に免疫反応が見られた。

同社のメネ・パンガロス研究・早期開発担当執行副社長は「初期段階の結果は有望」とした上で「新型コロナウイルス感染を予防するために、どの程度の強さの免疫反応が必要かはまだ不明」とコメント。パンデミック(世界的流行)の阻止に向けた有効性を確認するには、まだ多くの作業が必要としている。

同ワクチンは、オックスフォード大学内の研究所が開発。アストラゼネカは全世界での開発と生産、販売を担っている。現在は英国で第3相治験が進められており、承認されれば年内にも提供が開始される見通し。

アストラゼネカは既に、英国に1億回分、米国に3億回分、ドイツ、フランス、イタリア、オランダの4カ国から成る「インクルーシブ・ワクチン・アライアンス(IVA)」に最大4億回分の同ワクチンを提供することで合意しているほか、日本、ロシア、ブラジル、中国とも協議を進めている。また、ワクチン分野の基金CEPIや、ガビ(GAVI)ワクチンアライアンスへの提供でも合意しており、インドのワクチン製造会社セルム(Serum)・インスティチュートには製造ライセンスを与える。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

英、予定通り隔離規制緩和へ 8月16日からワクチン完了者対象(07/30)

乗用車生産、6月は22.1%増加(07/30)

アストラゼネカ、ワクチンで増収も25%減益(07/30)

石油シェル、第2四半期は黒字復帰(07/30)

政府、高温ガス炉の実証プログラム実施へ(07/30)

ホンダ英工場が7月末で閉鎖 36年の歴史に幕、地元への影響大(07/29)

アナドル、食品配達ゲティルと提携協議(07/29)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

英国で7日連続感染減少、専門家も困惑(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン