• 印刷する

英、冬に備え国民医療制度に30億ポンド拠出

英国のジョンソン首相は17日、首相官邸で演説を行い、新型コロナウイルスの感染力が高まるとされる冬に備え、イングランドの国民医療制度(NHS)に30億ポンドを追加拠出すると発表した。スコットランドとウェールズ、北アイルランドにも追加資金を提供する方針。

ジョンソン首相は「NHSは引き続き、追加的な私立病院の処理能力を利用できる」と説明。ロンドン東部ドックランズにある新型コロナウイルス感染者向けの大型臨時病院「国民医療制度(NHS)ナイチンゲール」も、来年3月末まで活用できると述べた。

今回の追加拠出は、既に発表済みの保健・社会保障向けの追加予算300億ポンドに上乗せされる形で行われる。同首相は「冬への備えを万全にし、最悪の事態に向けて計画を立てている」と話した。

ジョンソン首相はまた、10月末までに検査能力を少なくとも1日当たり50万件に引き上げる考え。「冬がもたらす課題は、検査需要だけではない。新型コロナウイルスは冬季に感染力が高まる可能性があり、NHSが毎年恒例の冬の圧力にさらされるのは確実だ」との見方を示している。

英医学院(AMS)は14日公表したリポートで、今冬に新型コロナウイルスの第2波が到来すれば、感染死者数は最大で12万人増える可能性があるとの見解を示した。これまでの死者数は4万5,000人で、第2波の規模はそれを大きく上回ると予想されている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テスコの決定に競合が追随 事業税控除分を追納=批判受け(12/04)

イングランドなど、生きた家畜の輸出禁止も(12/04)

婦人服販売ボンマルシェ、再び経営破綻(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

ベントレー、英離脱に備え貨物機借り入れへ(12/04)

インターコンチ、タイでホテルを増設へ(12/04)

製薬クリニジェン、マレーシアに事務所開設(12/04)

スタンチャート、中国の市場業務を強化(12/04)

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン