• 印刷する

仏政府、医療従事者の賃上げで合意

フランス政府は13日、医療従事者の待遇改善に向けて80億ユーロを拠出することで労働組合と合意した。これにより賃金が1人当たり月額平均183ユーロ引き上げられる。

賃上げパッケージの対象は、看護師や介護施設職員の給与、時間外労働の割増賃金や夜間勤務手当など。80億ユーロのうち約4億5,000万ユーロは、公立病院で働く医師の手当増額に充てられ、これらの医師にとっては月額400~700ユーロ程度の収入増となる。

新型コロナウイルス危機の最前線で闘う医療従事者は、フランスでも英雄として賞賛されている。しかし医療従事者らは単なる感謝を超えた待遇の改善や病院への投資を訴えており、6月以降はたびたびデモが行われていた。

カステックス首相は、7週間にわたる労組との協議で締結した合意を「医療制度における歴史的瞬間」と評価。待遇改善はパンデミック(世界的流行)の中で「最前線で闘ってくれた人々に対する感謝の表れ」だとしている。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、上半期は22億ユーロの黒字に転換(07/30)

VW、仏ヨーロッパカー買収で合意(07/30)

フランス電力、上半期は29.3%増益(07/30)

カルフール、上半期は11.2%増益(07/30)

カジノ、上半期は11.4%増益(07/30)

アナドル、食品配達ゲティルと提携協議(07/29)

仏当局、ゴーン被告に絡む汚職で元法相起訴(07/29)

消費者信頼感、7月は悪化(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

ショーメのパリ店に強盗=200万ユーロ被害(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン