独政府、豚コレラ阻止で国境の電気柵増設

ドイツ政府が、隣国ポーランドの野生イノシシを介して家畜伝染病「アフリカ豚コレラ(ASF)」がドイツ国内に持ち込まれるのを防止するため、国境の電気柵を増設している。同国では昨年12月から、さまざまな感染対策を講じてきた。ロイター通信が13日伝えた。 今回は、年初に設…

関連国・地域: ドイツポーランド
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

下院、サプライヤーの監視強化法案を可決(06/14)

独フィッシャー、セルビア工場が開所(06/14)

独、デジタル免疫証明の導入開始(06/14)

独、米国を低リスク国に追加=7月渡航解禁(06/14)

VWの世界販売、5月は41.2%増加(06/14)

独首相「感染者減は喜ばしい」=変異株懸念(06/14)

独中部、極右思想巡り警察特殊部隊を解体(06/14)

リトアニア中銀、フィノリタの事業免許剥奪(06/11)

VWの元CEO、独検察が偽証罪で起訴(06/11)

独政府、コロナ感染検査所の不正対策強化へ(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン