ノキア、5G機器の失敗から巻き返しへ

フィンランドの通信機器大手ノキアが、第5世代(5G)移動通信網向け機器の市場シェア挽回を狙っている。同社は5G機器の開発時に、高価で電力消費量の大きいプロセッサーを採用したことがあだとなり、中国の華為技術(ファーウェイ)やスウェーデンのエリクソンにシェアを奪わ…

関連国・地域: スウェーデンフィンランドアジア
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

アディダス、フィンランド繊維会社に投資へ(06/11)

ノキア中華圏総裁「中国に巨大な投資機会」(06/07)

ノキア、フィリピン社から5G機器受注(06/03)

ダイムラー、特許問題で和解 ノキアにライセンス料支払いへ(06/02)

ノキア、マレーシアで5G整備に応札(05/28)

サンポ、ノルデア銀の株式を再び売却(05/27)

対フィンランドFDI、近隣諸国を下回る(05/21)

印エプシロン、フィンランドに黒鉛陽極工場(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン