ノキア、5G機器の失敗から巻き返しへ

フィンランドの通信機器大手ノキアが、第5世代(5G)移動通信網向け機器の市場シェア挽回を狙っている。同社は5G機器の開発時に、高価で電力消費量の大きいプロセッサーを採用したことがあだとなり、中国の華為技術(ファーウェイ)やスウェーデンのエリクソンにシェアを奪わ…

関連国・地域: スウェーデンフィンランドアジア
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

印マヒンドラ、フィンランドのホテルを休業(05/13)

インキャップ、インドに3カ所目の工場建設(05/10)

欧州委、KLMとフィンエアーに再雇用支援(05/10)

フィンランド連立政権、予算案巡り崩壊危機(04/27)

韓国・LGU+、5G改善でノキアと提携(04/21)

スウェーデン、移民背景の住民が3割超に(04/21)

J・マッセイ、フィンランドにEV素材工場(04/20)

再生エネ由来の電力、昨年は化石燃料上回る(04/20)

ライアンエアー、救済策巡る訴訟で再び敗訴(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン