• 印刷する

コメルツ銀トップが辞任へ CEOと会長、株主の圧力受け

ドイツのコメルツ銀行は、マルティン・ツィールケ最高経営責任者(CEO)が辞意を表明したと明らかにした。併せて、シュテファン・シュミットマン会長が8月3日付で退任すると発表。物言う株主として知られる米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントは先に、コスト肥大化や利益率の低下を巡り経営陣と戦略の改革を要求していた。

監査役会の指名委員会はツィールケ氏の辞任申し出を巡り協議し、年内の退任を監査役会に提言することを決定。7月8日の監査役会でこれについて話し合う。ツィールケ氏の任期は2023年11月までの予定だった。同氏は辞任に当たり、同行には抜本的な改革と、戦略遂行のための新しいCEOが必要と述べている。

一方、シュミットマン会長は、同委員会に8月3日付の辞任を申し出た。「今後の変化には大きな強さと努力が必要となるため、私の役職についての度重なる議論から解放されるべき」としている。

サーベラスは、コメルツ銀の筆頭株主であるドイツ政府に次ぐ大株主。コメルツ銀は先に、サーベラスを含む株主からコスト削減の加速を求められ、従業員7,000人以上の削減を含む事業再編を検討していると報じられていた。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独GDP、8.5%拡大 改定値で上方修正=第3四半期(11/25)

Ifo企業景況感、11月は悪化(11/25)

ドイツ州政府、封鎖措置の延長などで合意(11/25)

ドイツ取引所、DAX構成銘柄を40社に拡大(11/25)

ベルリン市、家賃凍結法の第2段階が施行(11/25)

英オクトパス・エナジー、ドイツに本格進出(11/25)

国民の8割、米新政権による関係修復に期待(11/25)

独政府、封鎖措置の延長検討 週内の協議で最終方針決定(11/24)

ドイツ、12月にもワクチン接種を開始(11/24)

シーメンスとドイツ鉄道、水素列車を開発へ(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン