ポルトガル航空、政府が追加出資で救済

ポルトガル政府は2日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による打撃を受けるポルトガル航空(TAP)への出資比率を現行の50%から、72.5%に引き上げると発表した。資金繰りに行き詰まっている同社を救済する狙い。ヌーノサントス・インフラ・住宅相の記者会見で…

関連国・地域: ポルトガル
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポルトガル中部で脱線事故、2人死亡(08/04)

ポルトガル通信3社、5G網で華為に頼らず(08/03)

ポルトガル電力、スペイン同業ビエスゴ買収(07/17)

リスボン郊外での部分的な封鎖措置を継続(07/15)

EDP、イベリア半島の火力発電所を閉鎖へ(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン