ウクライナ中銀総裁、政治的圧力理由に辞任

ウクライナ中央銀行のスモーリー総裁は1日、辞意を表明した。中銀の活動に対する「体系的な政治的圧力」により、中銀の独立性が脅かされることに抗議する狙い。大統領府はこれに対し、中銀の独立性の維持は最優先事項であり、政府は引き続き慎重な金融・財政政策を講じるとの声明…

関連国・地域: ウクライナ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

独仏スペインで新規感染最多 コロナ、中東欧でも再拡大の兆し(08/07)

露・ウクライナ首脳が電話会談=停戦支持(07/28)

ウクライナ鉱工業生産、6月は5.6%減少(07/27)

ウクライナのバスジャック、人質解放で解決(07/23)

ウクライナ議会、中銀新総裁を承認(07/20)

ウクライナ政府、賭博禁止を撤廃へ(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン