日露共同開発の高速検査キット、需要拡大

日本とロシアが共同開発した新型コロナウイルスの高速検査キットの有効性が証明され、需要が拡大している――。これまでにロシアの大手企業40社が200万キット超を発注しているほか、世界で2,000万キット以上の需要が見込まれている。上月豊久駐露大使の話を元に、タス通信が6月30…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア新車販売、7月は6.8%増加(08/07)

ロシアへの外国人観光客、第2四半期はゼロ(08/07)

ベラルーシ、露との石油紛争で6億ドル損失(08/06)

ロシア、キプロスとの租税条約を破棄へ(08/05)

韓国・現代自のGM工場取得、露当局が承認(08/05)

OPECプラス、協調減産を緩和(08/04)

アエロフロート、陰性証明の提出義務付けへ(08/03)

PGNiG、南東部で新たなガス鉱床を発見(07/31)

ズベルバンク、娯楽ランブラーに追加出資(07/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン