北欧で放射性物質が増加、ロシアは関与否定

スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの原子力当局が、スカンジナビア半島上空で大気中の放射性同位体の濃度がわずかに上昇したと報告した。オランダ当局がデータ分析の結果としてロシア西部から来たものだと指摘した一方、同地域に原子力発電所を持つロシア当局はこれを否定し…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米、ノルドストリーム2巡り追加制裁を発動(01/21)

中国・奇瑞汽車、露に販売店50カ所新設へ(01/21)

ロシア当局、ナワリヌイ氏を30日間勾留へ(01/20)

ナワリヌイ氏、ロシア帰国直後に当局が拘束(01/19)

ノリリスク・ニッケル、金属ETPに参入(01/19)

高級車BMW、ロシアで2.2万台弱リコール(01/19)

露ワイルドベリーズ、ドイツでサービス開始(01/18)

ロシア、全国民向けワクチン接種開始へ(01/15)

ロシア新車販売、12月は2.1%減少(01/15)

ロシア最大級の風力発電施設が商業運転開始(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン