北欧で放射性物質が増加、ロシアは関与否定

スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの原子力当局が、スカンジナビア半島上空で大気中の放射性同位体の濃度がわずかに上昇したと報告した。オランダ当局がデータ分析の結果としてロシア西部から来たものだと指摘した一方、同地域に原子力発電所を持つロシア当局はこれを否定し…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア、道路建設に3年で1兆ルーブル調達(11/24)

【中村航の西方見聞録】モスクワで巨大銀行がアマゾン化 意外な金融最先端都市?(11/24)

露政府、外国エージェントへの締め付け強化(11/24)

アストラゼネカのワクチン、70%の有効性(11/24)

EU、ハンガリーの露製ワクチン使用に懸念(11/23)

ガスプロム、セルビアの製油所に新施設(11/20)

ロシア6機関、水素技術コンソーシアム結成(11/19)

ロシア製ワクチン、中国・印で生産開始へ(11/19)

ネット企業Mail.ru、クラウドゲーム市場参入(11/18)

露、スーダンに海軍拠点設置へ=アフリカ初(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン