鉄鋼A・ミタル、2050年までに炭素中立化へ

鉄鋼で世界最大手のアルセロール・ミタル(ルクセンブルク)は25日、欧州で2050年までに炭素排出量を実質ゼロにする目標の達成に向けた事業計画を明らかにした。「スマートカーボン」と、直接還元鉄(DRI)事業における水素燃料の利用の2本柱で実現する方針。第1段階として30…

関連国・地域: EUルクセンブルク
関連業種: 鉄鋼・金属建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼A・ミタル、2050年までに炭素中立化へ(06/29)

アルセロール・ミタル、南アで人員整理へ(06/22)

A・ミタル、環境汚染巡り南アで罰金支払い(06/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン