海運マースク、脱炭素化の研究施設を開設

デンマークの海運大手APモラー・マースクは25日、海運業界の二酸化炭素(CO2)排出を削減するための研究施設をコペンハーゲンに開設すると発表した。100人前後を新規雇用し、独立した非営利組織(NPO)として運営する。 APモラー・マースクに過半数出資するAPモラー財…

関連国・地域: ドイツデンマークアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機農林・水産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

北欧2社、EV充電設備で提携(07/06)

ポーランド政府、洋上風力発電で業界と合意(07/03)

メルケル首相、マクロン仏大統領と会談(06/30)

海運マースク、脱炭素化の研究施設を開設(06/29)

デンマーク首相、サミット出席で結婚式延期(06/29)

デンマーク、27日に欧州からの渡航一部解禁(06/22)

英テスコ、ポーランド事業の大半を売却(06/19)

CIP、再生エネインフラのファンド設立へ(06/17)

航空SAS、スウェーデンが追加支援を検討(06/17)

デンマーク、ベトナムと風力発電で提携強化(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン