• 印刷する

仏大統領、封鎖緩和と経済再建の方針を発表

フランスのマクロン大統領は14日、国民向けテレビ演説を行い、さらなる封鎖緩和と経済再建の方針を発表した。本土の全ての地域を15日から感染抑制地域「グリーンゾーン」に指定。これまでは飲食店の営業がテラス席に限られていたパリでも、全面的な再開が可能となった。

この日から、欧州内の旅行制限と介護施設への訪問規制を解除した。22日には高校以外の学校を再開。これまでの希望者のみの登校を改め、出席を義務とする。7月1日からは、新型コロナウイルスの感染が制御下にあると見なされた欧州外の地域との往来も認める方針。

マクロン大統領は、これまで行ってきたことを誇りに思って良いと述べ、適切な対処がなされたとの見方を示した。5,000億ユーロに上る経済支援策についても、最も影響を受ける人や産業を保護するために必要な措置であり、フランスの社会モデルの強靭(きょうじん)さを示したと自賛した。

また、悪化する財政赤字については増税を行わずに再建を進める方針。技術やデジタル、産業、農業分野でのフランスの独立性を強化する投資や、環境に配慮した経済再建により、新たな雇用を創出するという。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ITアトス、仏政府が戦略的事業に買収提案(06/17)

住商、エプシロンに出資=送電線需要に期待(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

インフレ率、5月は2.3%に加速=改定値(06/17)

仏選挙、極右勝利なら再生エネ開発に打撃(06/14)

AIミストラル、6億ユーロ調達(06/13)

ゲームのブードゥー、人気SNSアプリ買収(06/13)

アトス、ワールドグリッド部門売却で協議(06/13)

仏、フィリピンと協定締結=ODA可能に(06/13)

EU、社用車の電動化進まず=脱炭素化遅れ(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン