• 印刷する

ユニリーバ、本社を英に一本化 2本社制廃止で買収・分離柔軟に

英・オランダ資本の食品・家庭用品大手ユニリーバは11日、両国にそれぞれ本社を置く体制を廃止し、英国の持ち株会社に統合する方針を発表した。これにより、買収や事業分離などが柔軟にできるようになる。株主の承認を経て、今年後半の本社一本化を目指す。

この計画では、ロンドンとロッテルダムに本社を置く両法人を合併して英国の新会社に統合する。オランダ法人の株主は、持ち株1株と統合後の新会社の株式1株を交換し、新会社の持ち株比率はオランダ法人の株主が約55%となる。ロンドン、アムステルダム、ニューヨークの各証券取引所での上場に影響はない。また、英・オランダでの事業や拠点所在地にも変更はなく、人員の削減も行わないという。

ニルス・アンデルセン会長は現在の2本社体制では事業分離などが難しいと指摘。「体制の一本化により戦略的な柔軟性が増し、複雑性が取り除かれてガバナンスが向上する」と説明している。

同社は約1年半にわたり事業の戦略的見直しを進めており、一本化計画はその一環。紅茶事業の売却を検討しているほか、今回の統合により、フード・リフレッシュメント部門をスピンオフ(分離・独立)する可能性もあるとしている。

ユニリーバは1930年、オランダのマーガリン・ユニと英リーバ・ブラザーズが合併して誕生。以来、90年間にわたり両国に本社を置いてきた。18年にはオランダに持ち株会社を設立して本社を一本化する方針を打ち出したが、英国側の主要株主の反対により計画を撤回していた。[M&A]


関連国・地域: 英国オランダ
関連業種: 食品・飲料その他製造金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

財政収支、8月は赤字が大幅拡大(09/28)

英保険アビバ、仏事業売却で複数社と協議か(09/28)

消費者信頼感、9月はやや改善(09/28)

乗用車生産、8月は44.6%減少(09/28)

米ノババックスのワクチン、英で第3相試験(09/28)

濃厚接触者、自主隔離順守は1割=英大学(09/28)

HSBC、中国撤退の可能性も(09/28)

英、新雇用維持制度を発表 来年3月まで継続も政府負担は縮小(09/25)

財務省、秋季予算案の発表を中止(09/25)

英、ワクチン治験参加者にウイルス接種へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン