シベリアでの軽油流出、当局が浄化作業急ぐ

ロシア・シベリア北西部ノリリスク市の火力発電所から2万1,000トン超の軽油が付近の河川に流出した事故を受け、当局が浄化作業を急いでいる。周辺環境の深刻な汚染が懸念されており、元の状態に戻るまで数年かかるとみられる。ドイチェ・ウェレが6日伝えた。 事故は5月末、ニッ…

関連国・地域: ロシア米国
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア新車販売、7月は6.8%増加(08/07)

ロシアへの外国人観光客、第2四半期はゼロ(08/07)

ベラルーシ、露との石油紛争で6億ドル損失(08/06)

ロシア、キプロスとの租税条約を破棄へ(08/05)

韓国・現代自のGM工場取得、露当局が承認(08/05)

OPECプラス、協調減産を緩和(08/04)

アエロフロート、陰性証明の提出義務付けへ(08/03)

PGNiG、南東部で新たなガス鉱床を発見(07/31)

ズベルバンク、娯楽ランブラーに追加出資(07/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン